ジャンル、言語(9ヶ国語)、スタイルに捉われない独自の世界観で注目されているSinger。JAZZ JAPAN AWARDなど各賞多数受賞。アルバム15作品リリース。

 9月7日生まれ A型 おとめ座

 

【資格取得など】

2014.04〜2015.01

 ●クシマクロビオティック・クッキングコース

BasicⅠ& BasicⅡ& Advanced修了 (KIJKプログラム )

2015.07

 ●豆腐マイスター認定

2015.01〜2016.08

 ●リマ・クッキングスクール

  初級、中級、上級、師範科修了(日本CI協会)

 ●リマ・クッキングスクール2016夏期試作会師範科優秀賞受賞

 

2017〜

 ●月刊マクロビオティック(日本CI協会)連載

 ●リマ・メディカルシェフ受講中 

 ●自然療法・東城百合子料理学校上級受講中

 

趣味

音楽鑑賞、油絵、写真、エッセイ、水泳、スキー、ゴルフ、旅行、グルメ、ショッピング

好きな本

伊集院静「潮流」/谷崎潤一郎 「痴人の愛」 /つげ義春「もっきり屋の少女」/寺山修司の詩/岡本太郎/五輪書

好きな映画

砂の器/不思議の国のアリス/月曜日のユカ/ポリー・マグーお前は誰だ?

好きなジャズ・ジャケット

デビット・ストーン・マーチンの 「ビリーホリデイ アット ジャズ アット フィルハーモニック」

好きな写真集

エルスケン「セーヌ左岸の恋」

好きなアーティスト

桑田佳祐/ビヴァリー・ケニー/エセル・エニス/クリス・コナー/アン・バートン/デクスター・ゴードン/ジェーン・バーキンとセルジュゲンズブール/浅川マキ/五輪真弓/ジャン・コルティ/マイーザ/ジョイス

PROFILE 

JAZZ&LATIN ボーカリスト 

JAZZを基本にジャンル、スタイルにとらわれず9ヶ国語(英語・スペイン語・ポルトガル語・仏語・露語・クレオール語・日本語・イタリア語・中国語)で歌い分けるMAYA独自のオリジナリティ溢れる世界観で、現在までベスト盤含め14作品のCDがリリースされている。2000年“Why Try To Change Me Now?”、2002年“She's Something”とインディーズレーベルより2枚のアルバムをリリース。コロムビアミュージックエンタテイメントより2004年、アルバム“MAYA”でメジャーデビュー。同作にてSwing Journal選定「ゴールドディスク」受賞。

翌2005年にはベスト盤を含めた5thアルバム“Love Potion No.9”にて、第39回Swing Journal選定「ジャズディスク大賞・ボーカル賞(国内部門)」受賞。2006年6thアルバム“Kiss Of Fire”リリース。同年上海ジャズフェスティバルにて初の海外公演をつとめる。

2008年Disk Unionに移籍し“MAYA+JAZZ”をリリース。再びSwing Journal選定「ゴールドディスク」受賞。間を置かず、自身初となるX'masアルバム“Have Yourself A Merry Little Christmas”をリリース。

2009年ラテンを特集したセルフプロデュース作“マルチニークの女~FANM MATINIK DOU~”をリリース。続いて同年横浜の老舗ライヴハウスBarBarBarのプロデュースによる“Once Upon A Time”がリリースされた。2010年には再びラテンアルバム“You Belong To Me”をリリース。2011年、1st&2ndアルバム復刻発売。2012年最新作はブルースをテーマにした高音質アルバム“Bluesy MAYA in Hi-Fi”をリリース。

2014年、夏にDisk Unionからリリースした7枚のアルバムから選りすぐったベスト盤『MAYA Style』がリリース。

2015年、ジャズとシャンソンを融合させた、ニューアルバム『jazz à? gogo』をリリース。同作で『JaZZJAPAN』アルバム・オブ・ザ・イヤー2015、『ジャズ批評』オーディオディスク大賞2015(ヴォーカル部門)を受賞。

 

LIVEではエキゾティックな雰囲気、インパクトのある存在感と歌声が聴衆を魅了する。進化を続けるMAYAは期待、注目を集めるアーティストである。

j05new

Profile of MAYA Collez→